住宅診断のメリットとデメリット

住宅診断のメリットとデメリット

住宅診断のメリットとデメリット 住宅の劣化状況、補修箇所、将来性などを細かな部分まで調べることを住宅診断といいます。この診断を行うのがホームインスペクターです。ホームインスペクターには資格が必要であり、その内容としては中古住宅の流通の際に必要な知識として建物や不動産に関すること、調査のための検査法、報告書作成などをの実力を問う試験を受けます。

ホームインスペクターに調査を依頼することで住宅を売る際や買う際に、素人ではわからない部分までの劣化などを調べることでそれらの取引がスムーズに行われ、後のトラブルを回避することができるのがメリットです。また中古物件が多く存在する現代においてその流通を促進させることにつながりやすいことで、近年活躍の場が広がっています。デメリットを上げるとすれば、売り主からすれば余計な費用がかかってしまうことや建物の具体的な劣化や不具合を公表してしまうと評価が落ちてしまうということです。しかし、後のトラブルなどを考えれば、こうした検査を行っておくことでそれを回避出来たり、信頼性を高めることもできるのです。

ホームインスペクターによる住宅診断のメリットとデメリット

ホームインスペクターによる住宅診断のメリットとデメリット ホームインスペクターとは、住宅診断士とも呼ばれる民間資格で、住宅の外周りや室内、床下などをチェックし、劣化の度合いや欠陥の有無などを見極めるホームインスペクションを行います。住宅構造や施工技術など専門的な知識を有しており、家屋の状態について適切なアドバイスを行うことができます。こうしたホームインスペクターによる診断には、建物の現状を正しく把握できたり、建物に対する買主の不安を解消できるなどのメリットがあります。

また、結果を参考にしてリフォームやメンテナンスを行うこともできますし、取引後のトラブル防止にもつながります。しかし、売主にとってはデメリットもあります。建物の劣化や不具合が明確化すると、売却するのに不利になりますし、ホームインスペクションを行うには費用もかかります。ただ、問題点が発見されれば、売主が事前に修理しておくこともでき、売買交渉時のアピールポイントにもなります。そして、売却後の瑕疵担保責任のリスクを軽減することもできるので、一概にデメリットとはいえないと考えられます。

新着情報

◎2019/5/10

診断士を選ぶ際は実績が重要
の情報を更新しました。

◎2019/2/15

診断が必要な理由
の情報を更新しました。

◎2018/12/19

住宅診断のメリットとデメリット
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「住宅 メリット」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@bresh_eart 賃貸派です 住宅ローンを支払えるたしかな経済力があっても賃貸の身軽さを選択すべきと考えているぐらいです 逃げれるのは強いです 防犯上や近所トラブルの回避といったこともありますが、年食って身体が思うように動かなくなったときにも引越しやすいというメリットはかなり活きると思います

【完成物件のメリット】 建物が完成しているマンションの魅力は、実際の住戸を体感することで生活のイメージを具体化できることです。エントランスの雰囲気や部屋の広さ、日当たりまでしっかり確認できます。住戸を見比べて比較検討できるのも大きなメリットですよ♪ #ANJU #アンジュ #住宅 #名古屋

TwitterANJU東海〜住宅購入マガジン〜@ANJUTOKAI_anju

返信 リツイート 3:30

木造注文住宅の費用相場と木造のメリット・デメリット 木造住宅の費用相場とメリット・デメリットを詳しく解説。注文住宅で木造を選ぶ方は全体の8割以上にもなります。その理由の1つが他の構造よりも建築費用が安いことが挙げられます。 fudosan-navi.com/chumon-jutaku-…

Twitter雑貨好きの建築士・宅建士・ITマニア@fudosan_navi

返信 リツイート 0:18

住宅ローンって繰り上げ返済するべき? 住宅ローン賢い返し方/繰り上げ返済のメリット・デメリット。本当にお得?損しない? myhome-juku.com/prepayment-of-… @さんから ♯マンション買う

週休2日で賞与4カ月分に住宅補助2万つかないと仕事変えるメリットがない

色々思うのは不動産を所有すると税金や維持管理にはお金がかかるが賃貸にはそれが掛からない。不動産を借りて家賃を払ってはいるが設備機器は貸主で修理するので突発的な費用もかからない。これが借りるメリットだが一方で人として大事な住宅がなかなか借りれない、借りにくいという。 #私の住宅要求

Twitter千駄木で働く不動産社長 徳山 明@naoken123

返信1 リツイート2 昨日 16:41

基礎を従来の建築で行い、部品を3Dプリンタで作っていくようなハイブリッドであれば問題はない気もする。 3Dプリンタの技術進歩自体は歓迎したい。建材管理とか、住宅購入者だけでなく作業現場にもメリットありそうですしね。

Twitter霧咲テンリにゃん@カルデア図書館勤務@BK306

返信 リツイート 昨日 16:25

自己資金の準備方法に財形住宅貯蓄があります。これは、住宅取得を目的とする一定の要件を満たす契約であれば積立金から発生する利子等が非課税になるメリットがあります。

返信先:@nezurin 動画みると一目瞭然ですが断熱材とか入ってないので、気候の良いエリアでないと厳しいと思います。 災害時の仮設住宅としては寿命の短さはメリットmakerslove.com/23878.html

返信先:@kirishima_naji他1人 被災地向け簡易住宅でプレハブとどっちがコストメリットや機動性があるかって点では研究するべきところはあるんじゃないかな。